カート
SHADEZ

海外の子どものサングラス事情とは?

海外では、外出時にファミリーで揃ってサングラスをかけているイメージがありませんか?
これはオシャレやファッションということだけでなく、大人はもちろん、子どもたちもサングラスをかけて、目の紫外線ケアをしているのだとか。

紫外線は目に良くないとは言われますが、実際にどんな影響があるのでしょうか?またみんなどんなサングラスをかけてケアしているのでしょう?
今回は、海外での子どものサングラス事情についてご紹介していきます。

子どもが紫外線を浴びる量は大人の約3倍!

万国共通、日中外で遊ぶ機会が多いのは、大人よりも圧倒的に子どもです。そのため紫外線を浴びる量は、大人の約3倍と言われています。しかも子どもたちの目は成長段階のため、紫外線の影響を受けやすく取り込みやすいのだそうです。

また、外国人の中には青やグレーなど薄い色の目を持つ人が多く、メラニン色素が少ないため、光の刺激を受けやすく、まぶしいと感じるのだとか。目の色素が薄いと吸収する紫外線の量も増えるため、白内障につながりやすいとも言われています。

そういう背景もあり、海外では小さい頃からサングラスをかける習慣があります。オーストラリアやアメリカなどでは、学校でサングラスをかけることが義務付けられているところもあるのだそうですよ。

目の紫外線対策が必要なのは、今や外国人だけでなく、日差しがますます強くなってきている日本でも同じです。一生のうちで浴びる紫外線の量の約80%以上を、18歳までに浴びると言われているので、子どもの目は早くからケアしてあげたほうが安心ですね。

どんなサングラスをかけているの?

ファッションとしてではなく、目の紫外線ケアとしてサングラスを取り入れる海外では、紫外線を遮るUVカット加工がされているものが、積極的に取り入れられているよう。

UVカット加工がされていないと紫外線対策にはならないので、逆に目に紫外線の影響を受けやすくなるのだそうですよ。サングラスを選ぶ時には、UVカット加工の表示があるか、ご確認を!

babybabyで取り扱っているベビー&キッズ向けサングラス「SHADEZ」は、UVカット加工がされていて紫外線を99.9%カット。子どもでも安心して使えるBPAフリーのプラスチックを使用し、フレームも丈夫でしなやかなラバー製と、子どもたちが使うことを考えられたサングラスなので、目のケアにはオススメです。

ABOUT ME
babybaby(ベイビーベイビー)
babybaby(ベイビーベイビー)
当店バイヤーが世界中を巡り、ときめく「ストーリー」をセレクトしたショッピングサイトです。

babybaby公式「Instagram」を随時更新しています。
ぜひフォローしてください。
【正規代理店】海外ベビー&キッズ用品セレクトショップ


babybaby(ベイビーベイビー)は当店バイヤーが世界中を巡り、
ときめく「ストーリー」をセレクトしたベビー&キッズ向けのショッピングサイトです。

【お問い合わせ】
ブランド・商品に関するお問い合わせは下記にて受付けております。
お気軽にお問い合わせください。

TEL: 03-6721-1900 (平日10:00~17:00)
FAX: 03-6721-1901 (365日24時間受付)
MAIL: お問い合わせフォーム (365日24時間受付)

住所: 〒107-0061 東京都港区北青山1-4-6 246青山ビル9F

「お買いもの」ページへ